金属製看板・銘板制作なら大阪のふしょく看板製作工房へ!大切な会社・店舗の看板、銘板や芳名板(奉名板)を一点一点丁寧に作成します。

〒578-0905 大阪府東大阪市川田4丁目1-26  【営業時間】9:00~17:00 (土日祝祭日除く)

お気軽にお問合せください

072-962-4730

FAX

072-962-4740

 銅看板 製作事例を御紹介しています。

銅板でアンティークなイメージ、木目調の質感を演出している腐食加工を

弊社では「するめ 加工」 と呼んでいます

 

事例4 面板(ベース)を するめ加工

下記の4種類の加工方法をミックスした看板です。

真鍮、ハンマーたたきだし加工

 オリーブのデザイン と OliveのOのみ 

真鍮、箱文字

 アルファベット live    

真鍮、切文字  厚み3mm:

 アルファベット Supatium Schola     

銅 、 面板 (ベース):   

  するめ加工

  寸法:1800mm×650mm

 

4種類、全て仕上げは ブロンズです。

事例3 面板(ベース)をスルメ加工

切り文字:真鍮、ブロンズ仕上げ アルファベット【Studio Border】

腐食加工:アルファベット【Photo & Dream Creation】は 、凹、色入れ1色 

全長1350mm、湾曲した面板は壁から浮かした感じで、立体的に見える箱曲げ加工

銅板を木目調の質感に腐食、仕上げはブロンズ

事例2 銅、切り文字銘板加工で製作した看板

銅が古くなると青銅色となります、その趣で製作した会社の看板。
文字は切り文字3mm、面板とは別に製作した枠(別枠)ともに仕上げ:ブロンズ加工。
ロゴは凸、腐食加工。

事例1  銅板とアクリガラスのミックス 円形の表札

正面からの表札

ハンマーでたたき出した銅板に、アクリガラスの特長をいかした円形の表札。
アクリガラスの場合、文字を掘りますと画像のように白色を入れたように見えますが、
実際には色入れはしておりません。

左側からの表札

直径250mmの銅板をたたき出した色合いが厚さ8mmのアクリガラスと良く調和し、
更に左右にあるコイルの曲線がモダンな表札に引き立てております。

お問合せはこちら

腐蝕(エッチング)、看板、銘板の製作に関して、『こんなものができないでしょうか?』などのご質問がございましたらご遠慮なくご相談ください。

今まで下記のようなご質問をお客様から頂きました。

お客様相談担当の
柏原(カシハラ)です

  • 費用はいくらかかりますか?
  • 納期を教えてください。
  • 看板の仕上げとは何ですか?
  • 金属板の種類とは何ですか?
  • 腐食とは何ですか?
  • 看板、銘板の取付方法は?
  • 看板、銘板の形はどのような加工方法がありますか?

あなたさまからのご相談をお待ちしております。

お電話でのお問合せはこちら

FAX:072-962-4740
E-mail:info@fusyoku.jp
営業時間:9:00~17:00(土日祝祭日を除く)

短納期対応します!

お急ぎのご事情がおありでしたらご相談ください。
通常よりも短い納期でお作り致します。

072-962-4730

072-962-4740

営業時間:平日9:00~17:00
担当:カシハラ迄

お客様相談担当

ふしょく近畿

072-962-4730

072-962-4740

info@fusyoku.jp

〒578-0905
大阪府東大阪市川田
4丁目1-26

営業日

月曜日~金曜日

(9:00~17:00)

休業日

土・日曜日、祭日、特定日

会社案内はこちら